眼科一般

眼科一般

視力低下、かすみ目、充血、目のかゆみ、涙目、ドライアイ、眼精疲労、花粉症、飛蚊症、ものもらい等の眼に関わるどんな些細な事でも、お気軽にご相談下さい。

また、視力回復の為に行う矯正や検査など、経験豊富な視能訓練士との連携によるチーム医療も行っております。

尚、病診連携にも力を入れており、順天堂大学眼科から診療医の派遣をしていただき、高度な医療が必要な患者様を、迅速に紹介できる体制を整えております。

アレルギー性結膜炎(花粉症)

花粉・ダニ・動物の毛など様々なものがアレルギーの原因となり結膜炎を起こします。
アレルギーの原因となる物質を遠ざけたり、体質改善(減感作等)の根本的治療法が一番ですが、なかなか難しいのが現実です。
症状にも軽いものから重いものまで、様々な方が見受けられます。
当院では、症状にあわせた点眼・内服薬による治療を行っています。
また、原因物質の特定のための採血による検査や、指先からの簡易な血液が可能な(注射針を使用しない)迅速診断キットによる検査も行っております。

ドライアイ

最近は、パソコンやコンタクトレンズの普及、レーシック手術後など、ドライアイの方が急増しています。
涙腺から分泌された涙は、涙点から排出されますが、そのバランスが崩れるとドライアイを引き起こします。
治療として、まずは生活習慣の改善と点眼を行います。
重症の場合は、涙が鼻に抜ける出口にプラグを挿入して、目に涙をためる処置を行います。

眼鏡処方・コンタクトレンズ

眼鏡の処方やコンタクトレンズの取扱いを行います。
また最近、コンタクトレンズにより目の不調を訴える患者様も増えておりますので、定期的な眼科検診をお勧めします。

網膜・硝子体疾患(飛蚊症)

目の奥の疾患には、網膜剥離・出血・黄斑円孔・黄斑変性症など様々なものがあります。
自覚症状として、視力低下、ものが歪んで見える、ものが大きく見える、ものが小さく見える、黒い虫のようなものが飛ぶ(飛蚊症)などがあります。
特に飛蚊症は、多くの方が良く経験される症状であり、眼底疾患が原因となっている場合と、加齢性変化による良性の場合があり、眼底検査を行って原因を確定する必要があります。
原因疾患が見つかった場合は、疾患によってレーザー治療や内服治療を行います。

眼精疲労

眼精疲労とは、一般的には眼を使い続けることにより、眼の痛み・かすみ・充血などの症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現する状態ののことです。
度の合わない眼鏡を使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行った場合など起こりやすいです。

しかしこのような生理的な眼精疲労だけではなく、病的な眼精疲労として、緑内障や白内障でも出現することがあり注意が必要です。

一般的に最近は、特にパソコン、スマートフォンなどを使用する機会が増えたため、瞬きが減ることによるドライアイによる眼精疲労が急増しています。
お悩みのある方はご相談いただきたいと思います。

child
小児眼科

お子様の近視、遠視、乱視、弱視、斜視などの治療や管理を行います。
特にお子様の場合、成長過程における適切な時期での治療が重要と考えております。
当院では斜視や弱視の検査は専門の視能訓練士(非常勤)が行います。

» 詳しくはこちら

根岸眼科医院

〒232-0054
神奈川県横浜市南区大橋町3-64
NCビル1F

[TEL]045-713-1002

  • 眼科一般
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症


大きな地図で見る

  • 弘明寺コンタクトレンズ
  • QRコードで簡単アクセス
  • 患者の気持ち