ご質問

白内障とはどのような病気ですか?

白内障とは、ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁って、視力が低下したり、視界がかすむ、光のまぶしさが増すといった症状が出る病気です。

加齢に伴い、水晶体が濁ってくる病気です、60歳代で約70%、70歳代で約90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障が認められます。

緑内障とはどのような病気ですか?またどのような症状がありますか?

緑内障という病気の名前をよく聞かれると思います。
緑内障の原因には眼圧が関係していることが分かっております。
初期の内は、ほとんど自覚症状はありませんが、眼圧が高いまま放置しますと徐々に視神経が傷んできます。

視神経が痛んできますと視野が欠けていきますが、自覚症状を感じない方も多くおられます。
また正常な眼圧でも視野欠損が起こる正常眼圧緑内障(NTG)という病気もあります。

緑内障で見えなくなってしまうと残念ながら手術でも視野を元に戻すことはできません。
このため手遅れにならない内に発見するためには定期的に検診を受けて眼圧などのチェックを受ける必要があります。早期発見、早期治療が大切な病気といえます。

尚、主な症状としては以下のようなものがあります。

  • 眼が疲れやすい
  • 夜間、光のまわりに色のついた輪がみえる
  • 時々、眼がかすむ
  • 視野が狭くなる

このような症状を感じたら、早めに眼科程度の専門医の診察を受けてください。また、自覚症状がなくても40歳を過ぎたら年1回の眼科検査をおすすめ致します。

糖尿病網膜症とは具体的にどのような病気ですか?

糖尿病になりますと、血液中の糖分(血糖)が多くなり血糖値が高くなります。 その状態が続くと血管に多くの負担がかかり、全身の細い血管に障害が起こります。

網膜には、目に酸素を運ぶための細い血管が多数走っており、その血管の透過性亢進と網膜血管の虚血や閉塞により、網膜にさまざまな障害が起こるのです。

お近くのかかりつけ医にて早期の眼底検査をお勧めします。

根岸眼科医院

〒232-0054
神奈川県横浜市南区大橋町3-64-6
NCビル1F

[TEL]045-713-1002

  • 眼科一般
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症


大きな地図で見る

  • 弘明寺コンタクトレンズ
  • QRコードで簡単アクセス
  • 患者の気持ち