白内障

白内障とは?

目の中には「水晶体」というピント調節のレンズが入っています。
これが加齢によって濁ってくるのが「白内障」です。

加齢による白内障が大部分ですが、糖尿病、アトピー性皮膚炎の方、または目の外傷の後には、若い人でも白内障が起こることがあります。早期であれば、点眼薬で進行を予防します。

白内障が進行し、日常生活に不便をきたすようになりましたら、手術による治療が必要です。
見えにくいなどの自覚症状がございましたら、お早めにご受診ください。

白内障の種類と原因

種類 原因
  • 加齢性白内障
  • 全身疾患に合併する白内障
  • 先天性の白内障
  • 外傷性の白内障
  • 併発白内障
  • その他
  • 加齢
  • アトピー性皮膚炎・糖尿病
  • 風疹など
  • 目のけがなど
  • ぶどう膜炎など
  • 放射線・薬剤(ステロイド剤)

白内障の治療

日常生活に支障がない程度でしたら、経過を観察します。
白内障が進行して不自由を感じる場合、ご希望により白内障の進行を遅らせる目薬を使用します。

以下の症状がある場合早めの受診をお勧め致します。
  • かすんで見える
  • 明るいところにでると、まぶしく見にくい
  • ぼやけて二重、三重に見える など

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬により、白内障の進行を遅らせます。
但しこれらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。

根岸眼科医院

〒232-0054
神奈川県横浜市南区大橋町3-64-6
NCビル1F

[TEL]045-713-1002

  • 眼科一般
  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症


大きな地図で見る

  • 弘明寺コンタクトレンズ
  • QRコードで簡単アクセス
  • 患者の気持ち